>>超望遠レンズを手に入れた話

超望遠レンズを手に入れた話

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

いきなりですが、SGIMAの150-600mm F5-6.3 DG OS HSMのという超望遠ズームレンズを手に入れました。自費で直接購入した訳ではないので「手に入れた」という表現にしていますが、なにはともあれ標準ズーム、85mm単焦点に次ぐ第3のレンズとして我がラインナップ加わりました。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

SIGMAの150-600mmは「Contemporaryライン」と「Sportsライン」というコンセプトが異なる2種類のラインナップがありますが、こちらはContemporaryで軽量で安価な方になります。軽量といっても2kg弱で長さ26cmあります。ちなみにハイエンドのSportsラインの方は一回り大きく重量も3kg弱だそうです。

また、このレンズはSIGMAのSAマウント、ニコンFマウント、キヤノンEFマウントの3種類のみの展開となり、私のα7R IIIで使うにはマウントコンバーターをかませる必要があります。今回私が手に入れたのはSIGMAのSAマウントのレンズなので、SIGMA→ソニーEマウントのマウントコンバーターを購入しました。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11
マウントコンバーターつけるとこんな感じ。

このモデルは公式サイトによると「超望遠ズームを気軽に持ち歩きたい方への新しい提案です。」とあり、手持ち撮影も出来ますよ的なノリですが実際にカメラにつけるとまあまあ迫力があり、やはりかなり重いです。

当然バランスは悪いです。
フロントヘビーどころではないです。
レンズフードをつけると更に迫力が増します。
家族にドン引きされました。。

例えば動物や飛行機、列車などこのレンズでこれが撮りたいというのはぶっちゃけあまりなく、普段使いで頻繁に持ち歩くということはない気もしますが、ここぞという時に使おうかと思います。

とは言えどんなもんかと使ってみましたので、使用感などはこちらの記事を見て頂ければと思います。

もう1回ブルーインパルス来てくれないかな笑