>>私のカメラの話

私のカメラの話

気がつけばフルサイズ

マイクロフォーサーズのカメラを買って写真始めました。約1ヶ月後にはフルサイズのカメラを買ってました。

今日はそんな私のカメラ遍歴のお話です。

注)本記事はこちらの記事をご覧になってから読んだ方が伝わるかもしれません。

1台目のカメラ

私の最初の本格的なカメラはオリンパスのOM-D E-M1 Mark IIというマイクロフォーサーズのミラーレスカメラでした。

機種選定にあたりフルサイズカメラも気になりましたが、恐れ多いというか持て余しそうだったので、APS-Cかマイクロフォーサーズにしようと思いました。それで最初はデザインが好みで価格も控えめなオリンパスのE-M5 Mark IIが良いなと思いましたが、1つ上位のE-M1 Mark IIのキャッシュバックキャンペーンが結構な額だったのにつられて結局そちらを新品で購入しました。M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROという標準域の大三元ズームレンズとのセットです。

購入後は増上寺のキャンドルナイトというイベントを撮りに行ったの皮切りに、東京都内のあちこちをカメラ片手に撮影して回っていました。その時に撮った写真の一例がこちらです。

記念すべきの最初の撮影
フォトグラファーが多くて気後れしまくり。
カルピスの100周年のイベントみたいなやつ
定番の東京駅
表参道
平日の午前中仕事の合間に。
これも表参道。上と同じ日かな。
これ結構好きです。
赤坂 日枝神社
六本木 東京ミッドタウン
神楽坂
これは代官山だったかな。
これも結構好きです。

2台目のカメラ(現行機種)

E-M1 Mark IIで楽しいカメラライフを送っていましたが、ある日ふらっと有楽町のビッグカメラに立ち寄り展示しているフルサイズカメラを触ってみたのです。オリンパスのカメラを買う時も店頭で実機に振れること無く買ったくらいなので他のカメラを触るのは始めてでしたが、ファインダーを覗くとそのボケに衝撃を受けました。

「え、フルサイズってこんなにボケるの?」

今にして考えるとその触った機種というのがソニーのα7 IIIで、レンズがSEL55F18ZというF値1.8の単焦点レンズでした。そりゃボケますわ。どちらかと言うと私の写真はパンフォーカスが多く、撮影中にもっとボケが欲しいと思ったこともなかったので必要かと言われればそうではありません。でもその日以降、フルサイズカメラがとても気になるようになり、仕事終わりに毎日のようにアキバのヨドバシカメラに立ち寄ってミラーレスを中心にZ6とかEOS Rとかα7とか色々触っていました。




所謂フルサイズ病というやつに罹患してしまっていました。はじめたばかりという事が逆に短期間で重篤な症状を招いたのかもしれません。

「いっそのことオリンパスを売ってフルサイズにしようかな。でも買って間もないしなー。もうちょっと使ってからの方が。。うーん。。」

と自問自答。
妻にその旨を話すと反対されるかと思いきや、意外にもポジティブで

「別に良いんじゃない?何ならそのカメラ私が買い取ろうか?」とのお言葉が。

さらに悩みます。「いつかはフルサイズ」なんて言葉がありますが、どうせフルサイズを使い始めるなら早い方が良いんじゃないか、遅らせることに何の意味があるのかと、もはや”自分にとってのフルサイズの必要性”という観点はどこかに吹き飛んでいました。で、結局買うことに。

そう決めたら早速機種の選定です。何となくフィーリングが合わなかったキヤノンがまず候補から外れてニコンとソニーに絞られました。Z6/Z7はEVFが非常に綺麗で始めはそちらが優勢でしたが、Zマウントのレンズが(サードパーティー含む)ソニーと比較するとまだそれほど多くないのと、その価格帯がネックでした(高ぇ)。中古のFマウントレンズとマウントアダプタという選択肢もあったのですが、これからZマウントに移行してくという大きな潮流の中でわざわざFマウントのレンズを揃えるのも何だか抵抗があり。。

という訳で最終的にメーカーはソニーにしました。α7R IIIとα7 IIIでも少し迷いましたが、どうせなら高画素という単純な理由でα7R IIIとし、流石に新品で購入する財力はなかったので中古品をマップカメラで購入しました。

という経緯で私の元に来たα7R III

買ったら克服なのか辞めたら克服なのか分かりませんが、とにかく私のフルサイズ病は治まりました。

余談ですが、E-M1 Mark IIの方は妻のお申し出の通り買い取って頂き、結果として我が家にはα7R III とE-M1 Mark IIの2台がある状態となりました(たまに私も使っています)。

今後について

どの口が言うんだという話もありますが、カメラ本体についてはこの機種を買い換えることはなくボロボロになるまで使い続けると思います。α7R IIIが素晴らしすぎて他のカメラはもう使えないとかそういうのではなく、何というかここまで理由の分からないことした自分への落とし前というか仁義というか心情的に。もちろんカメラへの愛着もあります。

ちなみに、レンズについてはみんな大好きタムロンの標準域の大三元ズームとソニー純正の85mm単焦点の2本を所持しており、あと広角域の単焦点が1本欲しいなと思っています。

α7R III + 85mm単焦点
最近撮ったこの1枚も好きです。